札幌で歯科、歯医者に行くなら、東区は環状通東駅すぐの「鈴木歯科医院」へ

〒065-0016札幌市東区北16条東15丁目2-22
  • 地下鉄東豊線 環状通東駅より徒歩約1分
  • 専用駐車場 2台あり
  • 契約駐車場隣接

ご予約・お問い合わせ

受付時間

  • 月・金9:30~18:00
  • 火・水・木9:00~19:00
  • 最終受付13:00
  • 日・祝休診

訪問歯科

訪問歯科診療について

おいしい食事をもっと楽しく健康のための口腔ケアを。

鈴木歯科医院では、介護施設や在宅で寝たきりの方、歩行困難な方、入院中で通院できない方など、歯科医院へ通院が困難な患者様を訪問し、歯科治療を行っております。寝たきりや身体の不自由な生活を送ることになると、お口の中の手入れが満足に出来ないため、お口の清潔を保つことが出来ないだけでなく、お体の健康を維持することが困難になってしまいます。お口の中の歯や歯ぐきを隅々まで清潔にすることで、そのことが食事をすることの楽しみや健康維持につながります。
訪問歯科診療には保険が適用されますので、まずはご相談ください。

こんなお悩みありませんか?

入れ歯が合わない
お口にあった入れ歯を使用することで、健康的においしく食事をとることが出来ます。
歯がぐらぐらする
歯周病などの症状で、かぶせ物が外れたり、抜歯が必要になる可能性があります。
うまく飲み込むことができない
飲み込みの機能に障害が出始めると、誤嚥(ごえん)や誤嚥性肺炎につながる可能性があります。
また、摂食・嚥下障害の可能性もあります。
食事中に咳き込む・むせる
飲み込みの機能に障害が出始めると、誤嚥(ごえん)や誤嚥性肺炎につながる可能性があります。
また、摂食・嚥下障害の可能性もあります。
痰(たん)がからむ
飲み込みの機能に障害が出始めると、誤嚥(ごえん)や誤嚥性肺炎につながる可能性があります。
歯ぐきがはれる
歯周病が進行している可能性があります。
歯ぐきから血が出る
歯周病が進行している可能性があります。
歯と歯の間に食べ物がはさまる
むし歯や歯周病が進行している可能性があります。
お口の手入れができない
歯ブラシなどで、お口の中をキレイにし、食べ物の残りかすや細菌を除去し、清潔な状態にします。

しっかり噛んで食事をすることが大切です

当たり前のことですが、人間は食べ物を取り入れて生きています。食事をするために働く機能を「摂食・嚥下機能」(せっしょくえんげきのう)といい、その食事を摂るための機能に障害が出てしまう状態のことを「摂食・嚥下障害」(せっしょくえんげしょうがい)といいます。

摂食・嚥下とは、食べ物を見て、口に取り込まれてから、咀嚼し、咽頭や食道を経て、胃に入るまで、食べるための一連の動作のことです。

摂食・嚥下障害の兆候が見られた場合、栄養がうまく摂れず体調を崩してしまったり、お口の中の細菌が肺の中で悪さをする誤嚥性肺炎になったり、食べ物を詰まらせて窒息してしまう可能性にもつながります。

鈴木歯科医院では、摂食嚥下のリハビリも行っており、患者様の症状に合わせて検査をし、治療計画を立てますので、まずはお気軽にご相談ください。

治療にかかる費用について

国民健康保険・社会保険の場合
3割負担となります。
老人保健の場合
医療費の医療保険では1割、介護保険では3割が一部負担金となります。
1ヶ月の医療費自己負担額には所得により上限があります。
身障者の場合
「心身障害者医療費助成申請書」を自治体に提出済みの方に限り、費用はかかりません。また、地域によっては、一部立替払いとなり、後日自治体より返金されます。あるいは、地域によっては、有償での診療になる場合もあります。